歌者:夏川里美《花》

meihao @ 2022年06月21日  世界观

我们活着不就为了这些非必要的东西吗

夏川里美《🌸》

実minoるほど 头koobeを垂taれる 稲穂yinahoかな,つぼみが朽ちたよ 突然の雨に
花蕾已经凋谢,突然下起了雨
少し咲きかけていた
但有一点花蕾开始开放了
涙は止まらず流れてくのに
泪水止不住得往下流
雨はあがっていった
雨停住了
少し 少しずつ
虽然时间
时は过ぎるけど
一点点流逝
きみにできること 探せぬまま
... 还是想搜寻你的踪迹
ずっと、忆えている
一直记得
ずっと、忆えている
一直记得
あの日の空の色 风の匂いも
那天天空的颜色
みんな、忆えている
和风的香味
全部、忆えている
我都记得 全都记得
いつか 话しかけた
好像是哪一天,我们没有说完的话
きみが见つけた梦も
我在梦中见到了你
一绪に歩いた この坂道を
那个坡道 我们一起走过
今日も朝日が照らす
今天也是艳阳高照
ぼくにできるのは
我能做的
雨を责めること
... 就是责备雨天
それとも许して 生きてくこと
... 或者原谅它的存在

ずっと、忆えている

一直记得

ずっと、忆えている

一直记得

笑い顔も声も 刺さる痛みも

微笑的脸和声音都扎痛我

ずっと、つながってる

一直,连接着

ずっと、爱している

一直爱着

いつか胸の中で

不知不觉在心中

花が咲いてゆくまで

... 花朵绽放着

ずっと、忆えている
一直记得
ずっと、忆えている
一直记得
あの日の空の色 风の匂いも
那日的天空的颜色风的气味
みんな、忆えている
一直记得
全部、忆えている
全部都记得
いつか 话しかけた
什么时候说
きみが见つけた梦も
你见梦也开了

(视频)